java習得だけでは不十分な専門性

エンジニアが生涯にわたって仕事をしていくためには幅広いスキルをつけるよりも一つの専門に注力していくことが必要になります。そして一つの分野を深く掘り下げたスペシャリストとなることによって若い人たちには担えない専門的な仕事を効率的に行える人材として重宝されていくことができるのです。

その専門化の方法も業界や分野で行う方法や特定のスキルで行う方法等、様々な戦略を立てることができます。より狭い範囲に特化さえすれば十分であり、その選び方には自由があるのです。しかし、ある程度長く働き続けることを考えなければならないことから、比較的将来性があり、なおかつ時代のトレンドとなっている業界や技術であることが望ましいでしょう。そういったものとしてjavaがよく取り上げられるものです。javaの習得によってオンラインで利用できるプログラムの作成が可能になることから、流行のオンラインゲーム開発やECサイト制作といった分野で活躍する道が切り開けるからです。

しかし、javaを学ぶことによって十分な専門性を得たと考えることには危険性があります。これから習得するエンジニアも多数いる可能性が高いことから、それだけでは専門性としては不十分なのです。さらに業界や分野を特定して知識や経験を積んでいかなければ生涯働ける道とできる可能性は低いという点はデメリットとなります。しかし、生涯働ける道うを切り開くためのきっかけにはできるのです。なので、私もJavaを選びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です